ビザス
コンスタン ティヌス
二代目テオ ドシウス
ジュステ ィニアノス
二代目メヒメット
スルタンスレ イマン
アタチュ ルク

町を敵の襲撃から守る城壁の父親

テオドシウスが支配した時代は42年間 かかりました。(408年-450年)町が何世 紀も敵からの襲撃や包囲を受けても落ちな いことは、テオドシウス時代の建てられた城 壁のおかげです。6キロメートルの長さを誇 るこの城壁はビザンチウム帝国が世界に残 したもっとも大切な作品のひとつです。 ビザンチウム人は都を神様が守ってく ださる町という意味をしている「テオピラク トス」と呼んでいました。彼らは、「神の母親」 (テオトコス)に守られていたこの町がテオド シウスが建てていた城壁でどんな脅威に対し ても立ち向かえると信じていました。ビザンチ ウム人はこの城壁がアヴァル人、ササに人、ア ラブ人、ブルガリア人、ロシア人そしてトルコ 人の軍隊や艦隊を何回も撃退できたことを見 ていました。1453年にトルコ人の大砲攻撃 で破壊されたこの城壁だが、今でも雄大で独 創性を持つ姿でイスタンブールを囲み続けて います。この城壁は軍事的なものであっても、 美的な美しさをも持っているのです。

この三つの扉 はポルタ・アウレア(アルテゥンカプ)、ペゲ( シリヴィリカプ)そしてレギウム(メヴィレヴィ ハーネカプス)なのです。 アルテゥンカプは土地城壁の一番大切 な扉だと知られています。

この扉は特別です。 ヴィア・エグネティアと呼ばれているイスタン ブールとローマの間の道の起点はこの扉の ある場所でした。ユニークな前面アーキテク チャーを持っているこの扉に、ひとつの開口 部がある普通の扉と違って三つの開口部が あって、その真ん中にあるのは他よりもっと広 いです。正面入口は皇帝だけが使用できて平 民は側面の扉を使用しなければなりません でした。大理石のブロックでできた前面にあ る大きいアーク内面と外面に碑文がありま した。この扉は5世紀の二代目テオドシウス 時代のものです。

イスタンブールに初めて大学を設立した のも二代目テオドシウスです。 テオドシウスを、モチーフにして作った 模様に彼の時代を一番よく代表する作品で ある城壁が見えます。この城壁のおかげで、イ スタンブールの町は無数の敵襲撃を撃退でき ました。ペディメントにある古代ギリシャ語の Κωνσταντινούπολις,(コンスタンティナポ リス)と Χρυσεία Πύλη 」ポルタ・アウレア( 黄金の扉)と書いています。

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


デザイン
ニルフェル・クルフェイズ