ビザス
コンスタン ティヌス
二代目テオ ドシウス
ジュステ ィニアノス
二代目メヒメット
スルタンスレ イマン
アタチュ ルク

カヌニの都、建築家シナンの町。。。

スルタンスレイマンは偉大な司令官、天 才的な宝石職人そして有能な詩人でした。4 6年間オットマン帝国のスルタンを勤め、もっ とも長い期間に帝国を支配したスルタンです。 オットマン帝国は最盛期を迎えたのは彼の時 代です。法律の分野でした規制によりトルコ 人に「カヌニ」と呼ばれ、彼が支配した帝国の 壮大さによりヨーロッパ人に「ムフテシェム」 (雄大)と呼ばれていました。

生きていた時代の最強の人だったのに 正義と法律を大切にしたことは彼のもっとも 大切な特徴です。下記の話から彼の正義感が わかります。 カヌニスルタンスレイマンは自分自身の 名前を持つモスクを建てるために町の三番 目の丘にある場所を決めていました。しかし その場所にユダヤ人の家があって、そのユダ ヤ人はどうしても家を売らないと意地を張っ ていました。

人々は皆最強のスルタンがこの 問題にどんな判断をくだすか気にしていまし た。でもカヌニスルタンスレイマンはこの問題 を自身の権力ではなく法律によって解きたい と考えていました。

カヌニをモチ-フにした模様の一番印 象的な特徴はカシュクチュダイアモンドの 形をしていることです。模様のいろいろなと ころにある宝石の図面はカヌニの宝石に対 して持っていた興味と帝国の豊富さを表現 しています。 サズヨル(葦の道)様式の装飾はオットマ ン装飾芸術に15世紀と16世紀に始まりま した。(イメージ14)オットマン宮殿の刺繍職 場でこの新しい様式を最初に作ったのはシャ フ・クルです。

カヌニにテビリズからイスタンブ ールに行かされたその芸術家のために宮殿 に特別な職場まで作られていました。細長く て先端が鋭い葉のモチーフは一番典型的な モチーフです。

カラメミのモチーフ(イメージ15)は花 が自然の姿に忠実に描写されて作られまし た。このモチーフもまたカヌニ時代に「カラ・メ ミ」という芸術家が発明したものです。 ルーミー(イメージ16)は9世紀から 現在まで装飾芸術の広い分野で使われてき ました。東ローマ帝国時代によく使われたた め、「ローマのもの」という意味をしている「ル ーミー」と呼ばれていました。ルーミーのモチ ーフが始めて見られたのはウイグルのトルコ 人の装飾です。

9世紀に作られたベゼク リクのフレスコ画にルーミーは初めてありま した。

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


デザイン
セリム・サグラム