ビザス
コンスタン ティヌス
二代目テオ ドシウス
ジュステ ィニアノス
二代目メヒメット
スルタンスレ イマン
アタチュ ルク

コンスタンティノポリスを最盛期に支配した皇帝

コンスタンティノポリス(イスタンブー ル)はビザンチウム帝国の都として最盛期を 迎えたときはジュスティニアヌス時代です。彼 はこの町を一番よく貢献した皇帝の中の一人 です。彼はニカ反乱で破壊され荒廃になって しまった町を建て直していたのです。ハギアソ フィア大聖堂だけでなく大きい宮殿やゼウッ クシッポス風呂を建て、町の市場にあるビル と上院ビルを全部改良していました。ビザン チウム時代のジュスティニアヌスは、オットマ ン帝国時代のカヌニに匹敵しています。

さら に、この二人の支配者のもうひとつの共通点 は彼らの恋愛物語です。二人にも彼らの運命 を大きく左右した女がいました。この女たち は女王テオドラとフッレムスルタンです。周り の人にこの女たちが彼らを誤った方向に導く と言われてもこの二人は愛した女を最後まで あきらめなかったのです。二人の支配者もそ れぞれの国を最盛期に支配しまた二人も愛 した女が自分より先にこの世を去ってしまっ たことを見ていました。 ジュスティニアヌスもテオドラも元々普 通な平民でした。

つまりこの言葉の意味はイエスクリストス(預 言者イエス様)となっています。 デイシスのモザイクは1264年にイスタ ンブールがクルセイダーの手から救われた後 で作られました。アメリカ人の研究者ロベルト ソラリオンにとってはこのモザイクにあるフィ ギュアは本当のイエス様ではなくてケメルヒ サル(ティヤナ)のアポロです。彼は、モザイク にあるイエス様フィギュアの右に眉の上にあ る傷跡でこの主張を説明しています。この傷 跡は「11」という数を意味しています。ピサゴ ラス宗派集団の団員であったアポロにもこの 傷跡があるのです。このフィギュアにアポロが ある理由はアナトリアで無理やりクリスチャン 教になったパガン教の人々が表にイエス様の 絵を書きながらも裏にアポロを描きたいとい う気持ちです。

ジュスティニアヌス時代に町の人々は 大きな災害を直面せざるを得なかったので す。542年にエジプトで発生した疫病の伝 染はイスタンブールまでやってきて人口の半 分であるおよそ50万人は病死してしまいま した。疫病が感染した人々の中に皇帝ジュス ティニアヌスもいました。しかし、幸いなこと に後で病気が治った皇帝は565年に83歳 のとき雄大な町と使い切れた国庫を残したま ま永眠してしまいました。

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


デザイン
ニルフェル・クルフェイズ