ビザス
コンスタン ティヌス
二代目テオ ドシウス
ジュステ ィニアノス
二代目メヒメット
スルタンスレ イマン
アタチュ ルク

ローマ帝国の新たな都の創立者

なったとき、皇帝は「唯一のローマ、唯一 の神と唯一の皇帝!」と叫んでいました。

当時のローマは4人に支配されていたの です。その一人はコンスタンティヌスの父親で あるコンスタンティウスでした。父のコンスタ ンティウスが突然死んだとき、兵士たちは彼 の代わりにコンスタンティヌスを選びました。 彼は18年も他の幹部たちと一緒に国を支 配したが、最終的にはすべてのライバルを潰 して国の唯一の支配者となっていました。コン スタンティヌスだけが残って皇帝になったとき、 彼はイスタンブールを都の町にしていました。 イスタンブールは都になったとき「ヌオヴ ァ・ローマ」と呼ばれ始めました。コンスタンテ ィヌスは330年にイスタンブールをローマ帝 国の都のしたことを祝うために壮大な柱を立 てていました。それは「チェムベルリタシュ」で す。チェムベルリタシュには面白い過去があり ます。

柱は最初にローマのアポロ神殿からイ スタンブールに運ばれました。当時の高さは 57メートルでした。柱全体は部分に分けら れ船で運送されたのです。コンスタンティヌス は柱を立てた後その上にアポロのように見え る自分自身の彫像を置いていたのです。

この言 葉のラテン語での意味は上記のイン・ホック・ シグノ・ヴィンジェスです。この文はプロテスタ ント宗派の人々のおかげで広げられ何世紀も 後でイルミナティの起点であるテンプル騎士 団の象徴になっていました。内側と外側のボ ーダーにはビザンチウム芸術の一番大切な要 素であるジオメトリックなモチーフがあります。

ムンハニは装飾模様のひとつで、始めて ウイグル人のベゼクリクフレスコ画に見られ たこのモチーフはアナトリアの地でセルチュク ル文明にもよく使われました。このモチーフは セルチュクル時代のものですけど、過去と未 来の間の橋を象徴しています。

ミリヴィオ橋の戦い、ラファエル

ホック・シグノ・ヴィンジェス」テキストは また他の伝説について語っています。皇帝コ ンスタンティヌスはマクセンティウスと戦う前 に夢の中で光を見ていました。この光の中に クロスの形があって夢の中の声が彼に「この 合図で勝利を!」と言っていたのです。

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


デザイン
ニルフェル・クルフェイズ