ビザス
コンスタン ティヌス
二代目テオ ドシウス
ジュステ ィニアノス
二代目メヒメット
スルタンスレ イマン
アタチュ ルク

ビザンティオン

何世紀も世界の歴史に影響を与えたイスタンブールのような町と言えば、いろいろな伝説や神話があるのも当然のことなのでしょう。神々の神であるゼウスがイスタンブールの設立を語る伝説にあることによって、イスタンブールは「神々の町」とも呼ばれています。伝説によると、ゼウスの恋人だった巫女のイオは女神ヘラの怒りから身を隠すために牛の姿に化けました。そしてヘラから逃げるときゴールデンホーンでケレオッサという女の子を産みました。その女の子は大人になったとき海の神であるポセイドンと結婚してビザスという男の子を生んだのです。ビザスというこの男の子は大人になって、イスタンブールの創立者になりました。古代ギリシャの筆者はビザンティオンの創立者であるビザスの母親のケレオッサがゴールデンホーンのシラヒタルアガ丘で生まれたことを主張していました。

17世紀の前半のスルタン四代目ムラット時代1638年にヘザルフェン・アヒメット・チェレビが木でできた人工翼を背中につけ、天気や風の様子を見てからでガラタ塔からウスクダルのドガンジュラルまで飛んだと言われています。ガラタ塔が1717年から火事防止塔として使われていました。そして1967年に行われた最終の復元によって現在の姿になったのです。塔の高さは69.90メートルで壁の厚さは3.75メートルで内径は8.95メートルで外形は16.45メートルです。スタティック計算によると重量は1万トンでボディは瓦礫石でできています。

ガラタ塔                                                 エジプトのオベリスク

右の円いカートリッジに乙女の塔があり ます。この塔は紀元前341年に建てられたの です。2500年間の歴史があるこの小さな塔 はイスタンブールと同じ歴史を持って、建てら れた時代からずっとイスタンブールの町を見守 ってくれました。最初はヘレン時代に墓場だっ たこの島はビザンチウム時代に塔に加えて建 てられたビルによって税関局として使われまし た。この塔はオットマン帝国時代に催しの舞台 や防衛拠点や隔離の地などいろいろな目的で 使われていました。そして乙女の塔は灯台とし て本当の任務である人々や船を暗い夜の中に

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

デザイン
ニルフェル・クルフェイズ