ビザス
コンスタン ティヌス
二代目テオ ドシウス
ジュステ ィニアノス
二代目メヒメット
スルタンスレ イマン
アタチュ ルク

共和国を代表する町、イスタンブール

イスタンブールを克服したのは二代目メ ヒメットだが、町を救ったのは確かにアタチュ ルクです。 イスタンブールはアタチュルクの人生に とても大切な町です。若きムスタファケマルが オットマン帝国の都に始めてきたのは189 9年3月13日でした。彼は当時都にある寄 宿学校の軍事高校に通うためにイスタンブ ールに来ていました。5年間の学生時代に町 を歩き回ってよく知っていました。1905年 に軍人としてシリアに派遣された後イスタン ブールにまたの渡来は義勇軍の司令官とし て1909年4月でした。 アタチュルクは第一次世界大戦後オット マン軍が解除され敵軍が町に侵入していた ときの1918年10月13日にハイダルパシ ャのほうから町に入って補佐官のジェヴァッ ト・ベイが敵侵略を見て泣き出したら「敵は 来たことがあれば、出て行くこともある!」と 言っていました。

他の部分にある壷は宮殿のセラミック 壷です。この壷の特徴は、ユニークでひとつ しかない壷であることです。 模様の上と下にベスメレが書いていま す。イスラム教の聖書のクランに祈りの最初 にあるベスメレは、イスラム教の人々に日常 生活に何かを始めるときよく使われている言 葉です。

ベスメレは、「ビスミラーヒラフマーニ ラヒム」という言葉の省略です。何かいいこと をする前にアッラーの名を言ってその名で始 めるためにベスメレを言います。ビスミラーヒ ラフマーニラヒムは、「私たちを守ってくださっ て許してくださるアッラーの名で始める」とい う意味です。

アタチュルクは共和国の最初の数年に 国外にさらわれた芸術作品を国内に取り戻 すためにも尽力していました。1922年8月 30日の勝利のあとでギリシャ軍がイズミル の町を出て行く前にイズミル高校の倉庫に維 持され船でニューヨークのメトロポリタン博 物館に運送されたサルデス発掘の遺跡はア タチュルクの命令で1924年にトルコに取 り戻されていました。

ムスタファケマルアタチュルクの次の言 葉は彼は博物館をどんなに大切にしたかを 証明しています:「国を持つこととは、その地 で起こった出来事を知り、その地で生きてい た文明を知ってその遺産を受け継ぐことで す。」 アタチュルクをモチーフにした模様は彼 が永眠していたドルマバヒチェ宮殿の装飾の 影響を受けたものです。上部の真ん中にある 噴水は、宮殿の有名な庭の真ん中の噴水を 象徴しています。(イメージ17)

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

デザイン
セリム・サグラム